聴診器あてる

    他人事じゃないからこそ

    脱腸というのは40代以降であれば男女ともになりやすい病気とされています。一体どうして40代以降なのかというと、...

    Readmore
    病室

    放っておかない

    脱腸は腸が筋肉の壁から飛び出してしまう病気で、その確認には鼠蹊部の膨らみ具合で確認せざるを得ない、となると、ど...

    Readmore
    病室のベッド

    おかしいと思ったら

    もしも脱腸が発覚したら肛門科のある病院へ、というのはわかっていても、そもそもどうやって発覚するのか、と疑問に思...

    Readmore
誰にでも起こり得る病気

注射の準備

脱腸という病気は名前だけは知っているけれどどんな病気なのか良くは知らない、という人が非常に多いですが、しかし、実は誰にでも起こり得る病気で、外科手術などでは手術件数も多い部類に入ります。
もしも脱腸になってしまったら病院は肛門科のあるところへ行かなくてはならない、ということすらも知らない人も中にはいることでしょう。
一体脱腸というのはどういった病気なのかというと、これは本来ソケイヘルニアと呼ばれ、鼠蹊部、つまりは太ももの付け根のあたりで、筋肉の壁に納まっていて然るべき腸が部分的に飛び出してしまことを言います。
病院は肛門科へ行かなくてはなりませんが、実際のところ肛門の病気ではないということはしっかり頭に入れておきたいところです。

とは言え、なってしまったら病院へ行かなくてはならないとわかっていても、何をどうして腸が飛び出していることを確認すれば良いのかそこからしてよくわからないのはもちろんのこと、いざ病院へ行くとなると何を見て、どんな基準で選べば良いのか迷わずにはいられません。
というわけで、ここでは発見方法についてや、実際に病気が見つかった時の治療方法について、先生の探し方などを紹介して行きます。
誰にでも起こり得るものだからこそ、自分には関係ない、きっと無縁でいられるだろうと高をくくっていてはなりません。
それに何より、どんな病気も早期発見早期治療が一番です。
良くわからないまま、気づかないまま放置して行けばあっという間に進行してしまい、治療が大掛かりになってしまうことも考えられます。
最小限の時間と費用と負担で本来のあるべき形を取り戻すためには、普段から自分自身の体に目を光らせておくべきだと言えるでしょう。
なので、次のページではまず初めに、脱腸になるとどういった症状が確認できるのか、どうやって自分が病気かどうかを知れば良いのか、その発見方法について、お話しして行きます。

オススメリンク

聴診器あてる

他人事じゃないからこそ

脱腸というのは40代以降であれば男女ともになりやすい病気とさ…Read more
病室

放っておかない

脱腸は腸が筋肉の壁から飛び出してしまう病気で、その確認には鼠…Read more
担当医

手術について

もしも受診してみた結果本当に脱腸だった場合、どういった治療を…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031